会社概要
  1. ホーム
  2. >
  3. 会社概要
  4. >
  5. 基本姿勢
  6. >
  7. 労働安全衛生について

労働安全衛生への取り組み

spacer

安全基本理念

東洋アルミグループは、「労働安全衛生が職場において最優先事項である」という理念の下、東洋アルミグループで働く全ての人の労働安全衛生への意識を高め、安全で働きやすい職場環境を整えるために、以下の方針に基づいて労働安全衛生活動をすすめています。

spacer

基本方針

1. 労働安全衛生に関する諸法令等の遵守を東洋アルミグループで働く全ての人に徹底する。
2. 労働安全衛生活動に適切な経営資源を投入し、継続的に改善を実施する。
3. 傷害と疾病を防止する措置を講じ、従業員の心と身体の健康保持増進に向けた環境整備と機会提供に努める。
4. 従業員に対する安全衛生教育を計画的に実施・フォローして、安全衛生意識の高揚に努める。
5. 自然災害への備えおよび被害拡大防止・復旧の各対策を講じ、定期的に見直し実効性の向上に努める。
6. 定期的な監査を実施し、労働安全衛生のマネジメントとパフォーマンスの継続的改善に努める。
spacer

労働安全衛生マネジメントシステムの国際規格を利用した自主的活動の取り組み

東洋アルミニウム株式会社加工品ビジネスユニットは、顧客に満足いただける製品を生産提供し、価値を共創する企業活動において、その阻害要因となる労働安全衛生リスクを認識し、低減することで社会的責任を果たすために、下記に示す方針に基づき、労働安全衛生マネジメントシステムに準拠した自主活動を展開する。

<方針>

1. 加工品ビジネスユニットの4製造事業所で働く従業員全ての安全と心身の健康が継続して保たれる活動を推進する。
2. 国際的に認知された労働安全衛生マネジメントシステムの採用にて、継続性且つ進歩性のある活動を目指す。
3. 加工品ビジネスユニット4製造事業所が持つ課題を認識し、できるだけ共通性のある課題解決策を見出す。
4. 従業員全員が労働安全衛生に関心を払えるように啓蒙し、従業員全員参加の活動を展開する。
5. 内部監査員の質的向上を目指し、PDCAサイクルの「C」レベルを上げる。
6. 従業員全員が問題意識を持ち、リスク認知及び予知能力を高め、リスク回避を図ることを目指す。(リスクはリスクと認識するだけで低減できる:田邉康雄語録)
7. この自主活動が企業価値の向上に繋がり、そのことにより従業員のモチベーションが維持又は向上している状態を目指す。
spacer

自己適合宣言書

自己適合宣言書
ページトップへ