会社概要
  1. ホーム
  2. >
  3. 会社概要
  4. >
  5. 基本姿勢
  6. >
  7. 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

2006.8.1制定 2014.11.10改訂

spacer

基本理念

東洋アルミグループは、お客様および当グループの営業秘密・個人情報等の情報資産を適切に管理し、あらゆる脅威から守り、お客様とお客様を取り巻く社会の信頼に応えるとともに、当グループの継続的・安定的な事業運営に資するため、次のとおり目標と行動指針を策定し、安全かつ適正な情報セキュリティ対策を実施します。

spacer

目標

情報セキュリティ事故0を実現

spacer

行動指針

1. 組織的かつ継続的な運用を可能とするため、情報セキュリティ運営委員会を設置し、ISMSの確立,維持及び継続的改善を行う。
2. 機密性、完全性、可用性の高い信頼性実現に必要なリスクマネジメントシステムを構築し、且つ実施する。
3. リスクを合理的に評価するための基準とリスクアセスメント構造を確立する。
4. 情報セキュリティに関連する法的及び要求事項を遵守する。
5. 契約上のセキュリティ要求事項を遵守する。
6. 基本理念、目標及び行動指針は、東洋アルミニウム株式会社、東海アルミ箔株式会社、東洋アルミエコープロダクツ株式会社、東海東洋アルミ販売株式会社及び東洋アルミ千葉株式会社の主要部門に適用する。
7. 情報セキュリティの教育、訓練を行い、啓蒙に努める。
8. 情報セキュリティの有効性を測定し評価する。
9. 情報セキュリティ事件・事故が万一発生した場合は、迅速に処理し被害の拡大を防止する。
10. 情報セキュリティに関する違反に対しては厳正な処分を行う。

※ISMS = Information Security Management System


登録範囲

アルミニウムの箔,パウダー及びペースト製品開発・製造事業及び販売

1. 主原料調達関係業務
2. 生産管理業務
3. 生産技術業務
4. 品質保証関係業務
5. 検査・出荷業務
6. 販売関係業務
7. 経理関係業務
8. 研究開発業務
9. 情報システム関係業務
10. 人事・総務関係業務
11. 企画・管理業務
12. 経営企画関係業務
13. 監査業務

(ISO27001登録者名:東洋アルミニウム株式会社(但し、製造ライン部署除く))

spacer

以上

spacer
ページトップへ