製品紹介
  1. ホーム
  2. >
  3. 製品紹介
  4. >
  5. パウダー・ペースト製品
  6. >
  7. トラブルシューティングガイド
  8. >
  9. 塗料途中でアルペーストに起因する問題(2)
  1. 会社概要
  2. 製品紹介
    1. 箔製品
      1. 用途
      2. 製品別(電気機器)
        1. トーヤルカーボ®
        2. 粉末積層箔
        3. トーヤルパス®
        4. E-FOIL
        5. Ranafoil™
        6. エッチング回路箔
        7. 精密エッチング回路製品「CUME®
      3. 製品別(食品・薬品・工業材)
        1. トーヤルロータス®
        2. トーヤルドライ™
        3. リードマックス®
        4. チャイルドレジスタントPTP チャイルドプルーフ™
        5. ヘアーライン
        6. アルノーブル®ZR
        7. 真空断熱材
        8. LUXAL®(ラクサル®)
        9. Thin アルミ 5.5μm
        10. 正極集電体用アルミ箔 KS-81
      4. 生産拠点
        1. 八尾製造所
        2. 蒲原製造所
        3. 千葉製造所
        4. 群馬工場
        5. 茅ヶ崎工場
        6. 湘南矢畑工場
    2. パウダー・ペースト製品
      1. 用途別
        1. 自動車
        2. 家電製品・デジタル機器
        3. 印刷インキ
        4. 建築・機械・重防食
        5. 耐熱・遮熱
        6. 粉体・PCM(プレコートメタル)
        7. 化粧品
        8. 樹脂・フィルム
        9. エレクトロニクス製品
      2. 製品別(パウダー製品)
        1. 金属被覆導電フィラー「TOYAL TecFiller TFMシリーズ」
        2. 焼成用アルミニウム導電フィラー「TOYAL TecFiller TFSシリーズ」
        3. アルミニウム放熱フィラー「TOYAL TecFiller TFHシリーズ」
        4. 窒化アルミニウム絶縁性熱伝導フィラー「TOYAL TecFiller TFZシリーズ」
        5. 焼結用窒化アルミニウム粉末「トーヤルナイト®
        6. アルミニウム合金粉末「パウダロイ®
        7. 干渉色アルミニウム顔料「コスミカラー
      3. 製品別(ペースト製品)
        1. リーフィング アルペースト®
        2. ノンリーフィング アルペースト®
        3. 高光輝性 アルペースト®
        4. 樹脂コート アルペースト®
        5. TDシリーズ(印刷インキ用)
        6. 水性 アルペースト®
        7. 干渉色アルミニウム顔料「クロマシャイン®
        8. 着色 アルペースト®「フレンドカラー®
        9. 粉体塗料用アルミニウムフレーク
        10. ステンレスフレーク
        11. ブレージングペースト(ペーストろう材)「トーヤルハイパーブレイズ®
      4. 製品別(その他製品)
        1. メタリックコンパウンド「メタックス®
        2. ダミーボール
        3. サーマルギプス
      5. コアコンピタンス
        1. フレーク化(形状制御、微粉末粉砕)
        2. 表面処理技術
        3. 粉体メッキ技術
        4. 複合化
        5. 溶剤置換技術
        6. 混合技術
      6. 生産拠点
        1. 日野製造所
        2. 新庄製造所
        3. 御所工場
        4. 平野工場
      7. トラブルシューティングガイド
        1. アルペーストをより良くお使い頂くために
        2. アルペーストを安全に使用、取り扱って頂くために
        3. 塗料途中でアルペーストに起因する問題(1)
        4. 塗料途中でアルペーストに起因する問題(2)
        5. 処理品のおすすめ
    3. 太陽電池関連製品
      1. 製品別
        1. トーヤルソーラー®
        2. アルソーラー®
      2. 生産拠点
        1. 八尾製造所
        2. 日野製造所
  3. 財務情報
  4. 環境対策
  5. 採用情報
  6. 研究開発体制
  7. 東洋アルミ技報
  8. 東洋アルミグループ

塗料途中でアルペーストに起因する問題(2)

サーキュレーション性について

サーキュレーション性とは

アルミフレークを含んだメタリック塗料を特に自動車塗装ライン等で循環使用又は循環しながら貯蔵する場合、使用されるポンプ種、循環期間によっては塗料中のアルミフレークに過度のシェアーがかかりアルミフレークが折れ曲がり更にちぎれることによって、その後塗装されたメタリック塗膜中でのアルミフレークの平行配列に乱れが生じ、輝度光沢が減少する事があります。
このサーキュレーションによる変色の度合を「アルペーストのサーキュレーション性」と言います。

防止対策としては

塗装ライン側からは上述のシェアーの低減がありますが、使用されるアルペーストの種類によってもサーキュレーション性が異なり、特にシェアー強度が高い場合には従来のアルぺーストに比べ、アルミフレークの厚みが厚い「耐サーキュレーション性アルペースト」TCR®シリーズの使用をお勧めします。

ペーストの沈降性について

アルミニウムは塗料構成成分中で比重が高い成分のひとつです。特に比較的粗い品種ではアルミニウムフレークが塗料中で沈降することが有ります。
沈降したアルミ顔料も再分散しやすいような工夫は施されていますが、塗装中もしくは印刷中に沈降が問題になる場合は以下のような手法があります。

塗料中で沈降を抑制する。
沈降防止用添加剤を活用し沈降を抑制する。
ex.BYK-410(ビックケミー)、ディスパロン(楠本化成)、CAB-381-0.1(イーストマン)
使用方法を工夫する
塗料(インキ)塗布時に循環し沈降を防止する。

ペーストの相溶性について

アルペーストのベース溶剤は一般的にはミネラルスピリットが使用されています。ミネラルスピリットの主成分は炭化水素系溶剤です。したがって、配合によっては樹脂が分離する事が有ります。 このような場合には以下のような対策が有効です。

適正溶剤での前分散
例)ペーストと同量の極性溶媒で前分散するとアクリル樹脂とはほぼ完全に相溶します。
ペーストへの溶剤添加(ミネラルスピリットと他溶剤の混合溶剤ベース)
例)トルエン・キシレン・IPA・グリコール系溶剤などとの混合ベースがあります。
ペーストの溶剤置換
例)トルエン・inkoil・グリコール系溶剤などとの置換が可能です。
活性剤の添加
ノニオン系活性剤の添加が可能です。

ページトップ

 

水性塗料によるガス発生

アルミニウムはよく知られているように両性金属であり、各pH領域において水との反応により下記の反応式のように水素ガスを発生します。

酸性領域   : 2Al + 6H+  → 2Al3+ + 3H2
アルカリ領域 : 2Al + 2OH- → 2AlO2- + H2

アルミニウムペーストのフレーク表面は粉砕助剤として使用されたオレイン酸もしくはステアリン酸がアルミ表面酸化被膜の-OH及び-Oに吸着されていると考えられます。しかし、脂肪酸被膜は水の存在下では脱離し、また表面酸化被膜は非常に薄いため水との反応を抑止することはできません。
アルミフレークの表面に処理を施し、耐水性を付与する。代表的な処理方法として以下の3つの方法があります。

無機化合物による処理(WJ、WX処理など)
有機化合物による処理(WE、WB処理など)
塗料による処理

アルミフレーク表面への処理効果については、分散するバインダーの組成や使用されるpH領域によりその安定性は大きく左右されます。

ページトップ

ブツ、凝集(分散不良、突き出し)

ブツ、突き出しとは、メタリック塗料、インキ中のアルミフレークが塗装乾燥後の塗膜表面から部分的に頭を出して平滑なメタリック塗面が得られない現象を言います。
一般的な原因としては次のようなケースが考えられます。

アルミフレーク自体が塗膜の厚みに対して大きいケース。
何らかの要因(アルペースト自体あるいは塗料インキ分散時)により塗料インキ中でアルミフレークが充分分散されず(分散不良)凝集(物)となっているケース。

対策としては

アルペーストの粒度は適当か。
例えば弊社では自動車用(塗膜厚:約15μm)アルペーストとしては従来から400メッシュ(目開き:37μm)のスクリーンでカットされております。
分散不良凝集の場合は、「アルペーストをよりよくお使い頂くために」の「分散不良について」の項をご参照ください。

静電特性付与

アルミニウム顔料を含むメタリック塗料に静電塗装の際に高電圧を印加した場合、アルミニウム顔料を被覆している酸化皮膜や脂肪酸が高電圧の印加により絶縁破壊を起こし、アルミニウム顔料が塗料中にあたかも導体のように連結し電流がアース側に逃げてしまう場合があります。そうすると、静電塗装の際に電圧を印加出来なくなる現象が生じます。
これを防ぐためには次のような処理品が効果があります。

樹脂被覆アルペースト(品種:FX、FZタイプ)
特殊高分子による被覆処理品

塗料途中でアルペーストに起因する問題(1)へ

ページトップへ