CSR重要課題
(マテリアリティ)CSR MATERIALITY

東洋アルミグループのCSR重要課題(マテリアリティ)です。「ステークホルダーから見た期待」と「自社から見た重要度」による分析をし、これらの5つのマテリアリティを特定しました。重要課題に取り組むに当たり、ガバナンスがその基盤にあります。

  • 未来を創るイノベーション

    私たちの最も重要な社会的責任は、社会的ニーズに対して新しい製品・サービスを提供し、社会課題の解決・持続可能な社会に貢献するとともに、経済的価値を創造することだと考えています。私たちは、アルミニウムをベースにしながらもアルミニウムにこだわらず、新しい発想で明るい未来と価値創造に全速力で挑戦していきます。

    • 9 農業と技術革新の基盤をつくろう
    • 3 すべての人に健康と福祉を
    • 7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
    • 11 住み続けられるまちづくりを
    • 12 つくる責任 つかう責任
  • 環境保全

    原料にボーキサイトという鉱物資源から造られたアルミニウムを加工し、さまざまな製品の素材に利用しており、その加工過程において多くの資源やエネルギー、化学物質などを利用し環境へ影響を及ぼしていると認識しています。そのため、地球環境と調和した経営活動を行う必要があると考えています。

    • 12 つくる責任 つかう責任
    • 13 気候変動に具体的な対策を
  • 多様な人財の活躍

    日本の事業環境の大きな流れを表すキーワードとして「グローバル化」「労働力人口の減少」「個人の価値観の多様化」の3つがあります。これらの背景を踏まえ、個人が働きがいを感じ成長を実感する環境を整備し、多様な働き方を実現することで、持続可能な社会および持続可能な企業活動に貢献します。

    • 5 ジェンダー平等を実現しよう
    • 8 働きがいも経済成長も
  • 品質と安全

    私たちは、お客さまが安心して使うことができ、満足と喜びを感じられる製品、社会に役立つ製品を創造し提供することを目指しています。一方で、「安全なくして生産なし」を合言葉に、安全を全ての職場の最優先事項に掲げて事業運営を行っています。製品安全と労働安全の双方の追求は、メーカーの社会的責任の基礎であると考えています。

    • 8 働きがいも経済成長も
    • 12 つくる責任 つかう責任
  • ステークホルダーとの協働

    私たちは、持続可能な社会へ貢献するとともにイノベーションを起こし持続可能な事業活動を推進するため、お客さまのみならず、地域社会や行政、NPO、従業員など、あらゆるステークホルダーとの協働を重視した経営を心がけています。ステークホルダーとの対話を積極的に実施することで企業価値を高めていくことを目指します。

    • SDGsの他のテーマ
    • 17 パートナーシップで目標を達成しよう