事業を知る

未来を支えるTOYAL製品

アルミ箔を鏡面のように
仕上げることに成功、
“LUXAL®”で新しい市場開拓へ!

PROJECT LEADER

新宮 享

  • 2004年入社
    先端技術本部 テクニカルソリューションセンター プロセス第二ラボ
  • 関西大学大学院
    工学研究科 材料工学専攻 卒
LUXAL®
LUXAL®とは?
最大の特長は表面粗度10nm以下という、極めて平滑な表面であること。これは一般的なアルミ箔に比べて5分の1以下で、他の鏡面金属板やガラス、平滑なフィルムといった基材同様の高い平滑性を維持しながらも、アルミ箔の特長である高い耐熱性、加工性、電気伝導性、耐食性を兼ね備えている。
「今までにないアルミ箔」を求めて、プロジェクト始動!

「今までにないアルミ箔」を求めて、
プロジェクト始動!

「今までにないアルミ箔をつくり、新しい市場開拓ができる製品に仕上げたい!」
そんな研究者、新宮の熱い想いから、「今までにない究極に平滑なアルミ箔」を目指すプロジェクトは始まった。

Toyalの社内には新製品につながる開発を歓迎するムードがあり、その意義さえ理解してもらえれば、協力を得やすい環境がある。当時入社9年目で研究開発部門に配属されたばかりだった新宮は、「従来の平滑基材では、耐熱性と曲げ加工性を両立することは難しい。一方、アルミ箔でならそれが実現でき、かつアルミの特性である高い電気伝導性や耐食性も兼ね備えることができて、幅広い用途が期待できるはず」と考えた。

2013年、新宮とその上司の2人でスタートした本プロジェクトは、その開発意義が認められ、実現可能性が高まるにつれて多くの人を巻き込み、開発スピードも格段にアップしていった。

皆の力を結集して拓いた量産化への道

皆の力を結集して拓いた量産化への道

開発時に最も力を注いだのは、「これまでにない平滑な表面を得られるアルミニウム素材を見出すこと」とともに、「量産プロセスでの変化を意識した原理現象の把握」だった。

「例えば“熱”という要素ひとつとっても、その伝わり方や蓄える量は大きさによって全く異なります。大きくなれば均一な温度になるまで時間がかかりますし、表面と内部での温度差が異なれば得られる素材の状態も、それを圧延していく条件も変わってくるのです」。

常に量産プロセスに移行した時にどのように変化するかを可能な限りシミュレーションし、材料、機械、工具、工程に至るあらゆる面で検討を重ね、時には量産機で思い切った内容の試作を行う日々。ベストを求めて試行錯誤を繰り返す中で、量産化への道を拓くカギとなったものがあった。

「それは、自部門のみならず、工場部門の生産技術者、現場で働く人の声、さらには材料メーカーをはじめとする社外の人たちなど、多くの協力者たちの存在です」と新宮は語る。「一人で考えず、自分とは異なる意見にも触れ、真剣にディスカッションしてきたことで、解決に至る糸口を掴めたのです」。

こうして多くの人の力を結集して、ナノレベルにまで表面を平滑にした、まさに鏡のような「今までにないアルミ箔」LUXAL®は誕生したのだ。

暮らしの進化に欠かせない存在を目指して

暮らしの進化に欠かせない存在を目指して

現在、LUXAL®は製品バリエーションを増やすための開発へとフェーズを進め、新宮は工場部門とともにさらなるブレークスルーに向けた活動を展開している。また、営業部門とも協働し、市場ニーズの調査や分析をもとにした製品開発や、情報発信にもつなげている。

「研究開発は、新しいシーズ(技術)を生み出すことはもちろん、マーケットインの発想も重要であり、多分野の市場から歓迎される製品にしていきたいとの想いから、早い段階から他部門と協業することを提案してきました」と語る新宮。会社もその熱意に応え、早期から部門の枠を超えたメンバーによる小集団活動を展開してきた。

「LUXAL®はロール状、かつ1mにも及ぶ広い幅で提供できるため、お客様の求めるサイズや加工に柔軟に対応することが可能です。しかも他の平滑な基材に比べて優れた光反射性、バリア性、電気伝導性、熱伝導性、耐食性も有しているのが特長です」と、新宮はそのメリットを強調する。

例えば、次世代の照明やディスプレイとして注目されている有機ELなど精密な電気電子部材の基板、建物の内装パネルなどの意匠分野、太陽光を集光して調理ができるソーラークッカーの反射板、殺菌分野などでも注目されている紫外線照射装置の反射板・・・。まさに、新市場を創造する幅広い用途がそこにはある。
「LUXAL®が人々の暮らしの進化に欠かせないものに組み込まれ、それを支えるものとなるように、さらなる研究に取り組んでいきたい」。

製造や営業の第一線に身を置くメンバーたちも「部門を超えた協働で、より顧客や生活者のニーズに合う製品へと仕上げ、世の中へと届けていきたい」と、新宮の想いに応える。
LUXAL®による新しい市場開拓への挑戦は、まだ始まったばかりだ。